「未分類」カテゴリーアーカイブ

今後の動画ビジネスの新たなモデル

これまでの動画ビジネスはパターンが決まっていました。例えば企業が商品やサービスを訴求する際に文字情報や静止画ではなくよりわかりやすく動画で紹介する、これは販売前だけではなく販売後のアフターサービスについても動画を活用した方が分かりやすいと言うことで積極的に活用し、プラットフォームがYouTubeであれ自社のサイトに埋め込むような活動を行ってきました。
そして、YouTubeを代表とされる動画サイトが広告収入を得るために数多くのクリエイターが集って現在のYouTubeのような動画サイトが生まれているわけです。これだけグローバルでYouTubeが広がることによって広告収入も非常に高まっている事は言うまでもありません。
しかしながらこれからの動画ビジネスはまた新たな局面に入ってくることになるでしょう。
実際に企業については大手の広告代理店に依頼して動画を制作し、テレビやインターネットでアップロードするだけではありません。コストパフォーマンスを考えて直接クリエイターに依頼し、企画提案を行ってもらい、よりライトな形で動画を制作し活用することも増えつつあります。実際にこの方向はどんどん高まっていくのではないでしょうか。また、単なる動画制作だけではなくクリエイターに対して動画を制作することを、さらにそれをどのように広めていくか、そして商品やサービスの購入につなげていくかまでをトータルで提案させることも増えつつあります。またこれからはそこに加えて商品企画、サービス企画段階からより多くの方々に参画をインターネット上で募り、動画サイトでオンラインの討論会を行いながらスペックを決定していくようなユーザ参加型の商品開発、サービス開発が進んでくる可能性が高くなります。ここに至るとクリエイターは単なる動画制作だけではなく企画としての力も試されることになります。
また、このような活動をさらに促進するために、通信キャリアのインフラも4Gから5Gに変わることになります。実際により制裁な動画が送受信できること、より多くの方々が参加を同時に行っても円滑なコミュニケーションが取れることによりクリエイターの腕の見せ所となってきます。これまでと違った形で商品開発やサービス開発を行うプラットフォームが出来上がってくるのではないでしょうか。そしてそれを担うのが現在、動画を制作するクリエイターであることは間違いありません。要するにプロデューサーとしての役割も果たす必要が出てくるのです。